インド人のカレー屋さん

インド人のカレー屋さん









僕の知り合いの女性が、友人たちとカレー屋さんにいってきたという。


いつでも近くを通ると、プーンと良い匂いがしているところだそうだ。

良い匂いはするのだが、いつも客が全然いないのだそうだ。


旨いのか旨くないのか分からなかったそうだ。


そこで何人かのカレー好きの友人たちと、この際いってみようということになったという。


いざ食べてみると、値段は高くなくボリューム抜群。味もかなり良いときている。


メニューの種類も豊富なので、いった面々、一人ずつ色々注文したそうだ。


そうしたら、お店の人が、喜んで色々なものをサービスしてくれたそうだ。


タンドリーチキン、チキンティカ、ミニサラダ、ナン (L) 、そしてシーフードマサラ (これは、一応説明されたが、僕は内容はよく分からなかった。)


以上のように結構ボリューム満点だったらしい。


味もほとんど、良いときてる。ただ、このあとが、問題だった。

全員、女性でしかもカレー好きときてる。

店も結構サービスしてくれた。


これらのもを美味しいからといって、全部食べてしまったそうな。


おかげで、次の日は腹が膨れて、ひどくなってしまったとのことでした。


まったく、女性というものは。これ以上書くと怒られそうだから、やめておこう。

体調不良

体調不良








昨日、僕の東京の古い友人からメールが来た。

この頃、のどの調子が悪くなり、くしゃみなどがひどくなってきたという。

この前、彼のところの学生が新型インフルエンザにかかったという。
(実は彼は大学で働いています。ようやく、助教授のイスにありつけそうだといってました。)


彼は昼飯は、安いという理由で良く学食を利用しているらしい。


大学が、都心のお茶の水にあるのだから、まわりにはいくらでも安くて旨いところがあるはずなのだが。


特に昼飯時は、ランチタイムをやっているのはごまんとある。


よく聞いてみると学食を利用するのは安いだけではないらしい。

奥さんも働いているものだから、どうしても食事時間も食事の内容、栄養バランスなども雑になってしまうと言う。


ところが、学食ならばカロリー計算など、ちゃんと計算しているから、味のことを我慢すれば体のためには、良いのだそうだ。


なるほどそういうものかと、変に感心してしまった。



新型インフルエンザの方はとりあえず、開業医に行ってみるといっていた。


あいつ、大丈夫かなあ。

歯医者

歯医者









僕の友人が、この前歯医者に行った。

その友人は歯は痛くなかったらしいのだが、定期検査というものらしい。

その前に行ったときの治療のあとで、いつ頃きてくださいと言われたのだそうだ。


何分にもその時の治療というのが、親知らずを抜くというものだったから、当然といえば当然だろう。

それで、レントゲンから何から、色々な検査をされたという。

今度は何も問題はないと思いしや、歯肉炎に掛かり掛けていますとの診断だったと言う。

それで治療をしたのかと思えば、治療というより歯の磨き方の練習なのだそうだ。

それなら良かったろうと思えば、そうでもないらしい。


まず歯ブラシと歯磨き粉を、歯医者さんご推薦の薬用にさせられたそうだ。


そして、1週間に一度づつ通って歯磨きの指導を受けることになったという。


それが約1か月半から2か月くらい、かかるのだそうだ。


確かにそれだけの時間を拘束されるのでは、たまらない。


幸い、僕は歯は何処も悪いところはない。


まてよ、この頃歯石を取っていない。


しようがないから、明日あたりいってこようかと思う。

<<前の3件  1 2 3 4 5..  次の3件>>

このサイトを気にいてくれた方はこちらへどうぞ

Powered by Seesaa
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。